岩手県の農家です。トマトと米、様々な野菜を作っています。
by FUMI @ IHATOV


【最新の記事はココ NEW ENTRIES】

何気ない日々はFacebookページにて https://www.facebook.com/eeesashi
ツバメの不動産めぐり。   5月21日
うちには"馬屋(まや)"と呼ばれる建物がある。
今でこそ農機具の格納庫や、農作業をする場所になっているが、昔はその名の通り馬が飼われていたことろだ。

この馬屋の天井のあちこちには、ツバメの巣がある。
その数は一つや二つではなく、中には作られてから"数十年"というものもあるだろう。

"フン害"があるにしろ、昔から大事にされてきたツバメ達。


しかし、そんなツバメもうちで子作りしなくなって10年近くが経つ。

家族の中で、最も可能性の高い原因として上がっているのが、ねずみ対策の薬を使ったこと。
思い返せば、その薬を使ってからパッタリ寄り付かなくなったのだという。
それからは薬の使用を辞めて、最近ようやくツバメが戻り始めた。

そして去年、つがいが訪れ、新しい巣を新築。
ほどなく、卵を産んだ様子だった。

「久々にヒナのピーピーうるさい鳴き声が聞けるか!?」と皆楽しみにしていたところ、
弟から衝撃の目撃情報を聞かされる。

なんと、カラスがツバメの卵をくわえて馬屋から出て行った、と言うではないか。
弱肉強食とはいえ、やはり許せない。

その後ツバメのつがいはもう一度卵を産んだ様子だったが、
またしても弟のカラス目撃情報が入電・・・。2度も餌食になった。
悲しい事は続くもので、それから間も無く、つがいのうちの1羽の死体が庭で発見された。

残されたもう1羽は、しばらくうちの回りを飛んでいたのだけれど、季節の移ろいとともに飛び去ってしまった。


~あれから一年~

今日、築1年の物件を熱心にチェックするつがいが現れた。
去年残された1羽が連添いを見つけてきたのか。 はたまた、まったく別のカップルか。

とにかく今年も巣に居つき、そして無事子育てに励んでくれるといいのだが・・・。



e0087860_23581883.jpg
2006春 ツバメのつがい


e0087860_021899.jpg
ちょうど築1年の注目物件
敷金礼金ゼロ 水場近し(田んぼ)




カラス対策について

エアガン(電動ガン)で威嚇したら寄り付かなくなるかな・・・などと考え中です。
(これから購入)
カラス対策について、何か良い知恵をお持ちの方いらっしゃいましたら、是非アドバイスお願い致します!!m(_ _)m

※ちなみに去年は、馬屋の引き戸をツバメだけが出入りできる程度(10cm位)に開けていました。するとカラスは地面をトットットっと歩いて馬屋の中に入り、卵を盗んだ模様。





★人気Blogランキング★
  ツバメの今後が気になった方は、是非ポチっとヨロシクです!!











ランキングを覗いてからオマケを見る



<今日のオマケ>

e0087860_0173693.jpg
「天敵はいないかしら」



[PR]
by 新米百姓 by ihatov-farmer | 2006-05-21 23:59 |  …北国の春。  TOP▲
<< 春の書店くじ。   5月23日 | ページトップへ | ななかまどの花。   5月21日 >>






XML | ATOM
skin by IHATOV
AX