岩手県の農家です。トマトと米、様々な野菜を作っています。
by FUMI @ IHATOV


【最新の記事はココ NEW ENTRIES】

何気ない日々はFacebookページにて https://www.facebook.com/eeesashi
タグ:江刺金札米 ( 30 ) タグの人気記事
by 新米百姓  TOP▲
稲刈り2日目。   9月30日

e0087860_2145569.jpg


フイニ雨フリャ オロオロ歩キ
ソレデモ イネカリ進行中!!



詳細は後ほど。




★人気Blogランキング★
  "稲刈り"は乾燥加減が大事ですから、露も嫌うんですよね~

[PR]
by 新米百姓 by ihatov-farmer | 2006-09-30 21:51 | ○江刺金札米。  TOP▲
今年も稲刈りだよ!!   9月29日

e0087860_2054177.jpg



平成18年度"江刺金札米"の稲刈り進行中。

詳細は後ほど。



★人気Blogランキング★
 "稲刈りDAY"が、一年で一番体力を消耗する日かも・・・・・

[PR]
by 新米百姓 by ihatov-farmer | 2006-09-29 20:11 | ○江刺金札米。  TOP▲
[金札米] 田植え。   5月15日
今日は気持ち良く晴れ渡り、風もおだやか、絶好の田植え日和となった。
やはり私の日頃の行いがいいからだろうか・・・。

戯言はさておき、農家(うち)の春のビックイベント"田植え"をご紹介。


e0087860_2281058.jpg
その1
苗に殺菌剤をパラパラと。これは病気対策。(いもち病など)
このあと水をサッとかける。 根張りが悪い場合、田植え直前に水をかけられないが、今年は例年に無く"良い出来(根張りも)"とのこと。 さすがじいちゃん!!

ご参考までに:4月27日 4月20日



その2
苗を田んぼへ搬送。


e0087860_22322677.jpg
その3
田植え機に苗を"セット"して、田植え開始!!
≪稲作部門 統括本部長≫

続柄:父
普段は勤め人
兼業農家の代名詞
ここ数年は"田植え機オペレーター"という花形ポジションを常にキープ
(定年に向け、世代交代を内外にアピールか!?)



e0087860_22501756.jpg

e0087860_22541575.jpg
その4
Uターン時に出来た溝を均す。
≪稲作部門 代表下回り役≫

続柄:新米
苗の補充作業や、Uターン場所の均し方(いわゆる"下回り")
しかし、兼業農家の限られた時間の中でスムーズに田植えが終わるかどうかは、
この"下回り役"に掛かっていると言っても過言ではないほど重要な役どころ



その5
たばごどき。 (意味が解らない方はコチラをご参照

e0087860_2375766.jpg

≪稲作部門 名誉顧問≫

続柄:祖父
今年も素晴らしい苗作りに一同感服
一生現役!!
(肖像権には意外とうるさく、ハイカラなサングラスを着用)



e0087860_23145253.jpg
その6
仕上げ。
機械で植えられなかった場所(隅っこ)は、手植えをする。


e0087860_2317124.jpg
その7
田植え機&苗箱洗い。
うちの場合は一日で田植えが終わるので、当日(泥が乾く前に)洗う。




★人気Blogランキング★
 今年も無事に田植えが終わりました!!


≪オマケ≫
[PR]
by 新米百姓 by ihatov-farmer | 2006-05-15 22:30 | ○江刺金札米。  TOP▲
田かき。   5月10日
田植えまであと数日。
今日は田植え前の準備について、"田かき"を中心に。



その1(秋)
肥料振り・・・稲を刈り取った田んぼに肥料を振る。 稲ワラを腐らす効果も。


その2(秋)
田起こし・・・肥料を振ったら、トラクターでだがだがど掘る。(1回)


その3
たぶち(田打ち)・・・雪が溶けたら、春の陽気に口笛吹きつつだがだがど掘る。(1回)


その4
肥料振り・・・うちは人力で振るので、掘った直後だしぬかるんでたりすると結構大変。



e0087860_205241.jpg
その5
荒かき・・・田んぼに水を張り、トラクターでダイナミックにだがだがど掘る。(2回)


~ 荒かきが終わったら2~3日おく(寝かせる) ~


その6
代かき(しろかき)・・・田植え前の総仕上げ。慎重にだがだがど掘る。(1~2回)


~ 田植えまで数日おく(泥を落ち着かせる) ~



うちでは今日をもって"代かき"が終了した。
田植えまであと5日ほどだろうか。 当日は晴れればいいのだが・・・。
(何故って、写真栄えするでしょ!!)


※1 水を張ってからの作業、つまり"荒かき"と"代かき"を合わせて「田かき」と呼びます。

※2 作業の呼称は、うちのあたりで使われる呼び方です。 掘る回数については、田んぼの状況やトラクターの速度、作業者の好みによって異なります。



~オマケ~

くろ(あぜ)には冬の間に無数の穴が空いてしまう。これはねずみやもぐらの仕業。この穴のせいで余計に水が流れ落ちてしまうのだ。
稲作の規模が大きい農家や農業法人では、"くろ塗り機械"をトラクターに取り付け、ダダダダダっと直してしまう。(クボタHP参照


e0087860_21441380.jpg
田かき番外
くろ塗り(畦塗り)・・・鍬(くわ)で何をするかと思えば、くろ塗りではないか。さすがじいちゃん!! うちのあたりじゃ滅多に見られない光景に少し感動。どこかの左官さんが仕上げたようだ。
ちなみに、親父(私の曾じいちゃんにあたる)から伝授されたとのこと。






★人気Blogランキング★
  なんだかんだ言っても、米作りが年中行事の中心なんです!!

[PR]
by 新米百姓 by ihatov-farmer | 2006-05-10 21:35 | ○江刺金札米。  TOP▲
田植えはもうすぐ。   5月9日
GWが明けると、田んぼ作業が一気に本格化。

"米"という漢字は、"八十八"と書く事から、「収穫までに八十八の手間がかかる」という言われを聞いたことがある。
田も整備され、機械化された現代では八十八手間は掛からないだろうが、それでも田植えまでにはいろいろな作業が必要になのだ。

明日は、そんな田植え前の準備のお話。



e0087860_22332693.jpg

(あんな若造がこんなに立派になって・・・)




★人気Blogランキング★
  江刺の田んぼも、田植え完了がチラホラと。

[PR]
by 新米百姓 by ihatov-farmer | 2006-05-09 22:36 | ○江刺金札米。  TOP▲
緑のじゅうたん。   4月27日
先日蒔いた種籾順調に発芽して・・・・・

続きを読む。
[PR]
by 新米百姓 by ihatov-farmer | 2006-04-27 21:50 | ○江刺金札米。  TOP▲
すこぶる順調!!   4月20日
e0087860_185476.jpg

先日蒔いた種籾が順調に発芽。

今日は、芽っこが押し上げた土を落ち着かせるために水をかける作業を、じいちゃんに仰せ付かる。
ニョキニョキ育つ芽っこ達を見ていると、"田植え"が楽しみになるのだが、田を潤す雪解け水を思うと、なんとも複雑な心境だ・・・。
(農家の倅兼スキー中毒者のつぶやき)


二十四節気の一つ 『穀雨』(こくう)
春雨降りて百穀を生化すれば也(暦便覧)




★人気Blogランキング★
  お米大好き!!という方、ポチっとお願いしますね!

[PR]
by 新米百姓 by ihatov-farmer | 2006-04-20 19:05 | ○江刺金札米。  TOP▲
[江刺金札米] 種まき。   4月15日
春本番で、本日は稲の種まき作業。
久しぶりの快晴で風も穏やか、種まき日和!!
・・・・・つまり夏油も絶好の春スキー日和なのだが、止むを得ない。

スキー中毒の発作が起きない事を祈りつつ、頑張って稼ぐべ!!


e0087860_18315876.jpg
その1
事前に土を入れておいた苗箱を、手動の種まき機械に送り込む。
クルクル回すと、ベルトコンベアー式に一定量の種籾がまかれる仕組み。(全手動)
今年は苗箱、255枚。

e0087860_18363038.jpg
その2
ヒタヒタになるまで水をかける。

e0087860_18371226.jpg
その3
水をかけた事によって種籾が偏り、薄い部分があるので、蒔き直しをする。
長年培われた眼力と、絶妙な指先加減が要求される。

(なんちゃって。テキトーです、適当。やんべに蒔けばやんべに芽っこ出るがら)

e0087860_18421737.jpg
ほんのちょこっと顔を出している"芽"。
実は1週間ほど前に水につけて選別、そして温めていたのだ。
種まきに合わせて絶妙に発芽させてくる、じいちゃん。やはり経験が段違いだ。

e0087860_18482248.jpg
その4
土をかぶせる。 やさしく、均一の厚さに。

e0087860_18493484.jpg
その5
仕上げに消毒。
この後、ビニルハウスの苗床に並べて作業終了。


昨年のように、美味しいお米が出来ますよう、豊作祈願!!

~今後の予定:5月第2週頃田植え~



★人気Blogランキング★
  なぁるほどお米作り。 面白かったらポチっとお願いします!!

[PR]
by 新米百姓 by ihatov-farmer | 2006-04-15 19:03 | ○江刺金札米。  TOP▲
新米、食ったどー!!!  11月7日

じつは、うちの古米は、まだ残っているのだが、

せんだって、じいちゃんに許可をもらい、
今年刈りたての米を精米しておいた。

今は精米の仕事を、大抵私が引き受けていたので、
許可を貰わずとも勝手にやれてしまうが、

一応長老の指示を仰ぐのだ。


(ちなみにコイン精米所を利用)




籾からつきたて炊きたての新米ちゃん

e0087860_20212591.jpg


ん~、白さが違う。

香りが違う。

そして、粘りと甘み。

シアワセ。

やっぱりお米はエライ!!


・・・・・・などと、鼻息を荒くしていると、
おいしい汁物レポを忘れるところだった。



今日は、ばあちゃん特製の 『すいとん』

これは、同じ岩手県でも地域によって

『ひっつみ』

『はっと』

『とってなげ』

など呼び名は様々。

ようは、小麦粉を練って寝かせた生地を、
"耳たぶ程"にちぎって汁に入れる。

ちなみに、我が家は醤油味だ。

今回は、これまた掘り立ての「サトイモ」も入る。

長ネギに至っては30分前まで畑にいたのが、
「ようやくこの日が来たのね、嬉しい。ワタシ」
などと言ってる間に、汁にぶち込まれる。

e0087860_20314251.jpg
ん~、何回食べてもいいもんだ。

ご飯がなくたって、これで満足できる。
(新米があるから、もっと満足できる)

おそらくばあちゃんは今まで、
数え切れないほどの『すいとん』を
この世に送り出してきたことだろう。

熟練の味が光る。

「ご馳走様でした」

ばあちゃん、長生きしてな!



<今日のイーハトーブ語>
■せんだって・・・先日 この前 (せんだて)



≪この記事に点数をつける≫


★百姓の最新ランキングはこちら★
  先週末からランク下落。 日経平均が羨ましい!
  【ランキングカテゴリを移し、新規開拓中】

[PR]
by 新米百姓 by ihatov-farmer | 2005-11-07 20:50 | ○江刺金札米。  TOP▲
大地の恵み、秋の大収穫!!   10月12日
本日は、
『お米(ひとめぼれ)』


『サツマイモ』の大収穫となった。


まず始めに、お米の話。

我が家はコンバインと呼ばれる稲刈り機械で収穫している。

今年は、第一期と第二期に分けて、収穫した。

第一期は、農協への出荷分。つまりは家で食べきれない分。

第二期が、家で食べる飯米(ハンマイ)。

ちなみに、

特別栽培米 江刺金札米

と呼ばれるブランド米として、世に旅立っていくのである。


Yahooで[ひとめぼれ 特別栽培米]で検索してみると、
オンライン販売が盛んに行われている。

自由化とIT化の影響だ。

かく云う私も、このブログでインターネットの免疫をつけ、
将来はオンライン販売で自家製お米をサバキタイと目論む秋の夜なのだ。

さて、第二期にあたる本日の刈り取りは、

好天二日目で、稲もカサッカサに乾いており、
状態は文句ナシ!

家に搬送して、この道半世紀のじいちゃんによる厳しい検査。
(と言っても、水分計で米の水分を検査するだけ)

結果は・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・合格だぁ byじいちゃん

まぁ、家で食べる飯米なので、
合格も不合格も無いのだが、

あまり水分が高いと、すぐには米櫃に貯蔵出来ないのである。

本日の数値は、約15.5%だった。


今年は、昨年までと違い
籾(モミ)のままで貯蔵して、

食べる直前に精米することにしたので、
長く美味しいお米が楽しめる理屈だ。


まだアクセス数も少ないので、
無いとは思うが、
一応、断りを入れておこう。

お米の販売について
せっかくリクエスト頂いても、
譲れる分が無いので、
あしからず。


来年以降に乞うご期待!!




人気blogランキングに参加中。 ポチっとお頼み申す。

[PR]
by 新米百姓 by ihatov-farmer | 2005-10-12 20:34 | ○江刺金札米。  TOP▲
| ページトップへ |






XML | ATOM
skin by IHATOV
AX