岩手県の農家です。トマトと米、様々な野菜を作っています。
by FUMI @ IHATOV


【最新の記事はココ NEW ENTRIES】

何気ない日々はFacebookページにて https://www.facebook.com/eeesashi
<   2011年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧
by 新米百姓  TOP▲
ボランティアMさん。
e0087860_2053988.jpg

震災直後からボランティア活動を続ける花巻のMさん。

人当たりがよく、老若男女話しやすく現地のニーズをくみ取り、豊富な人脈とフットワークで多くの善意を届け続けている。

物資が不足がちな僻地などをまわり、今は仮設住宅に入ることで援助が打ち切られる被災者のニーズへ応えるべく奔走している。

阪神大震災でも問題となった、仮設住宅での"孤立"や"自殺"を憂い、野菜作りが手慰みになれば、と苗やプランターを届けたり菜園のコーディネートをしているとのこと。

うちの苗がMさんトラックで沿岸部へ届けられるのも、今日で6回目。
津波で全てを失った方の気持ちを推し量ることはできないが、
野菜を育て、成長と収穫に少しでも楽しさや希望を持ってくれれば、と願いながら出荷の準備。

さて、いよいよ明日はマイトラックで陸前高田へ。
[PR]
by 新米百姓 by ihatov-farmer | 2011-06-29 21:08 | ○農業に想うこと。  TOP▲
頼れる先輩。
高校時代の先輩"タクミさん"。

江戸と上海での武者修行から地元に帰り、家業である青果仲卸に就いている。

震災直後は人一倍放射能汚染に敏感になり、千歳経由で上海へ飛ぶ手はずも整えていたらしいが、知らないうちに沿岸部(山田町)でボランティア活動に汗を流していた。
普段はどこか間の抜けた様子でユーモラスな風貌だが、実は爪を隠している"タカ"なのである。
(高校時代には、誰しも予想しなかったインターハイ入賞をやってのける)


e0087860_20161372.jpg


そんなタクミさんにお願いして沿岸部へ届けてもらった野菜苗。
その行き先もよくわからぬまま提供を続けているが、
今回はどうやら「採れたてランド高田松原」の移転再開オープンに活用されたらしい。
(産直の担当者の方からわざわざお礼の電話をいただき分かった始末・・・)



さて、苗売りの繁忙期も落ち着きつつあり、沿岸部への新たな繋がりも出来始めてきた。
今週は沿岸部へ実際にお届けすることになるかもしれない。

内陸の元気を届けてくるべい!!
[PR]
by 新米百姓 by ihatov-farmer | 2011-06-27 20:18 | ○農業に想うこと。  TOP▲
つばめのお宿。
e0087860_2042923.jpg


e0087860_2042183.jpg


巣立ったつばめのコッコたち。

夕方になると、エサとり訓練から帰ってきて羽を休めている。


夕闇のなか仕事に追われて帰ってきたとき、ささくれた気持ちがつばめの姿に癒されるんだな。
[PR]
by 新米百姓 by ihatov-farmer | 2011-06-24 20:49 |  …初夏の香り。  TOP▲
ボランティアへの支援。
野菜苗を通じた復興支援。

すでにトラック4台分の苗を提供させていただいた。


内陸ではだいぶ日常を取り戻し、沿岸部の惨状がどこか他人事とさえ感じてしまう空気も・・・。
今回、"ゆいっこ"と"遠野まごころネット"を通じて野菜苗を沿岸部へ届けていただいているが、その活動を支えるボランティアの方々と接し、あらためていろいろな事を考えさせられた。

昨日遠野から苗の引き取りに来て下さったボランティアの方は長崎と神奈川から岩手に駆けつけて活動してくれている方たち。
寝泊りは体育館で雑魚寝。食事も各々準備しなければならず、スーパーの惣菜やコンビニ弁当とのこと。
曜日などによって人数の変動はあるものの、現在も100~200人が遠野を拠点に様々なボランティア活動をされている。

文字通り手弁当で全国から駆けつけてくれるボランティアに、甘え過ぎていないだろうか?と冷や汗をかいた。

災害の規模と範囲が広すぎて、義捐金の配分や支援がまったく追いついていないことがよくわかる。
そして、そのような配分や制度の確立などを待っていたら遅すぎるので、とにかく動き出しているのが"ゆいっこ"や"遠野まごころネット"などの復興支援団体なのだろう。

「自分に出来ること」で、一番手っ取り早いのが義捐金や寄付金。
詐欺なども出始める中、赤十字などの大手は安心して想いを託せるが、その反面配分などに時間と制限がかかる。
そして何より、被災者に対する支援は官民各方面から続々届いているが、それを支えるボランティアに対する支援の少なさよ。

自治体などでは行き届かない様々な支援を、こういった地域密着の復興支援団体が担っているにも関わらず、公的な資金というのはまだまだ少なそう。(落ちていない!?)

私も「自分にできること」で復興支援を続けていくつもりだし、さらにはボランティアに向けた支援もしていきたいなと思い始めた今日この頃。

うちのトマトで栄養つけてもらうべかなっと。







ゆいっこ / 民間有志による復興支援組織

遠野市被災地支援ネットワーク
『遠野まごころネット(遠野被災地支援ボランティア)』


[PR]
by 新米百姓 by ihatov-farmer | 2011-06-20 21:06 | ○農業に想うこと。  TOP▲
一日の終わりに。
e0087860_2131870.jpg

今日もなかなかエキサイティングな一日だった。

"夕焼けショウ"に癒され、明日も頑張るのだよ。
[PR]
by 新米百姓 by ihatov-farmer | 2011-06-18 21:32 |  …ふと見上げた空。  TOP▲
つばめ返し・・・。
e0087860_226832.jpg
e0087860_2261643.jpg
e0087860_2262598.jpg

毎年恒例のつばめの営巣。

今年は3組が子育て中。すでに2家族が飛行訓練を開始した。

益鳥だけに大事に見守っているわけだが、つばめの「けぇし」(かえし=フン)には参る。

運がつきはじめたところで、宝くじでも買っとくかい!!?
[PR]
by 新米百姓 by ihatov-farmer | 2011-06-17 22:12 |  …初夏の香り。  TOP▲
野菜苗を沿岸部へ。
本日、ゆいっこ花巻のM月さんが江刺に野菜苗を取りに来てくださった。

明日移行、陸前高田をはじめ、沿岸部へ届けられることだろう。


ようやく、「ぼくに出来ること」が」形になりはじめた。

仮設住宅のプランター栽培でもいいから、はやく家庭菜園の余裕ができてくればいいな、と。

これからも支援を続けるべく、野菜苗の生産・管理に追われる日々なのである。
[PR]
by 新米百姓 by ihatov-farmer | 2011-06-07 20:57 | ○農業に想うこと。  TOP▲
| ページトップへ |






XML | ATOM
skin by IHATOV
AX