岩手県の農家です。トマトと米、様々な野菜を作っています。
by FUMI @ IHATOV


【最新の記事はココ NEW ENTRIES】

何気ない日々はFacebookページにて https://www.facebook.com/eeesashi
<   2007年 06月 ( 14 )   > この月の画像一覧
by 新米百姓  TOP▲
突貫工事。   6月26日
ツバメ再び舞い降りる。

ウーラ夫妻が悲劇を乗り越え、また子作りを始めるところか、はたまた別のつがいか。
兎にも角にも、巣が襲われたのと同じ小屋に巣を作り始めたので、カラスや小動物に十分注意して、今年3組目の営巣を温かく見守ろう。




e0087860_2123961.jpg
1日目


e0087860_21231763.jpg
2日目



e0087860_20463634.jpg
3日目





~明日の産直
○トマト
このPOPが目印!!



★人気Blogランキング★
  今度こそ裏小屋からも、無事ツバメを巣立たせます!!

[PR]
by 新米百姓 by ihatov-farmer | 2007-06-26 21:28 |  …初夏の香り。  TOP▲
[フルーツトマト] 樹上完熟。  6月22日
試験栽培中のフルーツトマト。

まずは基本に返り、樹の上で完熟するのをじっくりと待つことに。

e0087860_1365581.jpg
今までは毎日潅水していたが、昨日から水を切っている。
とりあえず今出来る事はこの程度だが、どこまで旨みと糖度が凝縮してくるか、数日後の測定が楽しみ。






~明日の産直
○トマト
このPOPが目印!!

○大根菜



★人気Blogランキング★
  フルーツトマト食べたい方、まずここをクリックして応援宜しくです!

[PR]
by 新米百姓 by ihatov-farmer | 2007-06-22 13:12  TOP▲
スイカ畑。   6月22日
じいちゃんの小まめな受粉作業により、今年も順調に大きくなってきたスイカ達。

e0087860_12341360.jpg

ほぼ昨年並みに収穫できそうなので、早ければ"海の日"あたりに産直に出荷できるかもしれない。

乞うご期待!!






~明日の産直
○トマト
このPOPが目印!!




★人気Blogランキング★
  ハウス仕事で汗を奪われた後は、スイカで水分補給してます!

[PR]
by 新米百姓 by ihatov-farmer | 2007-06-22 12:43 |  …うちの脇役達。  TOP▲
[試験栽培] フルーツトマト  6月20日
江刺ふるさと市場に並ぶ野菜の中で1番人気の商品と言えば、
ヤスオさん(水耕栽培)の"フルーツトマト"だろう。

数量限定とはいえ毎日数十パックを出荷しているようなのに、開店1時間で完売(!?)なんてこともあるようで、普通のトマトにしか触れたことのなかった私は、大いにショックを受けているのである。


ということで、に続き、"フルーツトマト"に挑戦中!!



e0087860_2055760.jpg
品種:フルティカ(中玉トマト)


スキー生活が抜けきらないままトマトの定植時期を向かえ、バタバタして勉強不足のまま品種の選定をしてしまった。
ちなみに、"フルーツトマト"という品種があるということではなく、どのトマトでも栽培の工夫で糖度を上げていければ、"フルーツトマト"になりうるらしい。
(一般的には、糖度8以上を指すとのこと)


畑の都合上、"超老化苗"を植えることとなり生育が心配されたが、外見上はスクスク育ち、約1ヶ月で初収穫となった。
これを期に購入した"糖度計"で、早速糖度を測ってみると、7.8~8.2という値が。
長年、大玉トマトを作ってきたじいちゃんと、手応えをつかむ。(大玉トマトでは糖度4~6.5程度だったので)

しかし、これは糖度の上がりやすい中玉トマトでは当たり前の数値のようで、しかも、ヤスオさんのフルーツトマトとはまだまだ大きな差があるようなのだ。
水耕栽培の先輩とは、根本的に作り方が違ってくるわけだし、ことに"アナログ要素"に頼る野菜作りにおいて、一朝一夕にできるわけがないのだ・・・。

とはいえ、産直に加入した事で新たに見つけた"フルーツトマト"という目標。
トマト作りの大ベテランである"じいちゃん"が健在のうちに、試行錯誤を繰り返しながらも、なんとか技術を確立したいものである。




今年は栽培本数が極小なので、もし産直に出荷できたとしても、週に数パックとなるでしょう。
糖度を上げるべく、毎夜夢にまで見ながら研究中ですが、それでも糖度が確実に8以上にならないようなときは、『ミディトマト』として出荷しようかとも考え中です。

いずれにせよ、今後とも何卒ご贔屓のほどm(_ _)m








~明日の産直
○トマト
このPOPが目印!!




★人気Blogランキング★
  トマトに溺れる夢を・・・・・

[PR]
by 新米百姓 by ihatov-farmer | 2007-06-20 20:56 |  …とまと。  TOP▲
2007巣立ち。   6月19日

e0087860_23185835.jpg


昨日巣立っていったツバメのコッコたち。

餌場に近い、いいねぐらでも見つけたのか、昨日の夜から姿が見えない。
カラスや猫にヤキモキしながら見守っていたコッコが、無事に巣立ってくれて嬉しい反面、
トマトもぎの合間に聞こえてくる"チュルチュチュチュ"という賑やかな鳴き声がなくなると、やっぱり寂しいわけで・・・・。





~明日の産直
○トマト
○キャベツ



★人気Blogランキング★
  帰って来いよ~、来年も!!

[PR]
by 新米百姓 by ihatov-farmer | 2007-06-19 23:19  TOP▲
間もなく巣立ち。   6月16日
ツバメのコッコは日一日と大きくなり、気の早いやつは巣から出て梁に上がった。

e0087860_2258911.jpg
一番右に見えるのが"気の早いコッコ"
頭隠して尻隠さず。


雨上がりの好天気に虫も大発生しており、エサを求めての飛行訓練にはもってこいの状況。
巣立ちは今日か明日かと、賑やかなツバメの巣を見上げる日々が続く。






~明日の産直
○トマト
○キャベツ
○野菜苗 うり


★人気Blogランキング★
  トマトが忙しく、結局"月山"には行けずじまい・・・・・ドンマイ、オレ!

[PR]
by 新米百姓 by ihatov-farmer | 2007-06-16 23:07 |  …とまと。  TOP▲
続、ツバメのコッコ。   6月11日
先日の悲劇を乗り越え、せっせと子育てに励んでいる"マヤ夫妻"。
私の想像は外れて、悲劇翌日の争いは単なる夫婦喧嘩だった様子。
あの日を境に、"マヤパパ"も子育て(エサ運び)に励むようになり、コッコ達はグングン大きくなっている。


e0087860_2146285.jpg

トマトの作業場の真上にあるため、糞害対策に巣の下にダンボールを取り付けたのだが、その作業をマヤママに見咎められ、それ以来、巣の近くで仕事をしているだけで警戒の鳴き声を浴びせられている・・・。
カラス対策の巡回強化や、カラス防衛ネットの設置などなど、親心ならぬ"家主ゴコロ"も知らないで、いやはやまったく、マヤママには敵わない。


残念な事に、巣を失った"ウーラ夫妻"は、その後パッタリと見えなくなってしまった。
志半ばで去っていったウーラ夫妻のぶんまで、マヤ夫妻のコッコ達には、無事巣立ってほしいものだ。

マヤママに金切り声を浴びせられても、まだまだトマト片手に見守り続けるべ!!




~明日の産直
○トマト
○野菜苗 うり


★人気Blogランキング★
  今日も暑かったけど、明日は30℃ですか!? ハウスは完全にサウナっす~\(-o-)/

[PR]
by 新米百姓 by ihatov-farmer | 2007-06-11 21:55 |  …初夏の香り。  TOP▲
日曜乗馬教室。   6月10日
先週の日曜日から始った、"日曜乗馬教室"に参加している。(岩手県馬術連盟主催)

これは、6月から9月の毎週日曜日の早朝、水沢競馬場の馬術練習場で開催されている。
市民講座の一つで、受講料が5,000円、水沢勤労青少年ホームの年会費1,000円。
つまり6,000円ポッキリで4ヶ月間乗馬が楽しめるのだ。
(一般的な"乗馬倶楽部"の相場を考えれば、タダも同然・・・・・)

高校時代は、授業で馬に乗れるという、当時も今考えても、つくづく幸せな環境にあった私。しかし、社会に出ると馬に触れ合う機会などそうそうあるわけもなく、今年から日曜乗馬に参加することにしたのだ。


e0087860_20463730.jpg


毎日、面白可笑しく野菜づくりに励んでいるかに見える"FUMI'sファーム"も、やっぱりいろいろあるわけで、乗馬はストレス発散にもってこいだ。

まさに、"アニマルセラピー"!!






~明日の産直
○トマト
○キャベツ
○野菜苗 うり


★人気Blogランキング★
  6~7年ぶりの乗馬、たった10分で足はパンパンっす。。

[PR]
by 新米百姓 by ihatov-farmer | 2007-06-10 20:46 |  …乗馬  TOP▲
芍薬が見頃。   6月7日
昨年芍薬か牡丹か分からずお騒がせした庭の芍薬が、今年も見頃を向かえている。


e0087860_22191481.jpg

(赤くニョキニョキと生えてきた新芽達はコチラ:約2ヶ月前)




すぐ隣には、白い芍薬よりも小ぶりな花が咲いている。
牡丹に似ている気もするが、草っぽいのでこちらも芍薬のような・・・。

e0087860_22274473.jpg

今年も判定は皆様に! m(_ _)m







~明日の産直
○トマト


★人気Blogランキング★
  TOP画は、昨年と同アングル。覚えてた方は新米百姓ブログ検定1級!!

[PR]
by 新米百姓 by ihatov-farmer | 2007-06-07 22:28 |  …初夏の香り。  TOP▲
ウーラ夫妻の悲劇。   6月5日
今朝、外が騒がしいので行って見ると、裏の小屋のツバメ、"ウーラ夫妻"の巣が何者かに荒らされ、地面に落ちていた。
あたりには孵ったばかりかと思われるヒナや、孵る寸前の卵などが冷たくなって散らばっていた。

e0087860_22294141.jpg

同じ建物の2階に住む弟の"聞き耳証言"によると、
昨日の深夜、ただならぬ物音が聞こえてきたらしい。
直後、深夜にもかかわらずツバメが飛び回り鳴き叫ぶ声が聞こえたそうだ。
弟は泥棒でも忍び込んだかと思い、怖くて縮こまっていたようだ・・・・・。

巣の真下に車を停めていたことを思えば、動物が車の天井に上がれば十分届く高さだった。
野良猫が車に上って巣にイタズラしたとの見解で一致したが、イタチやキツネだったかもしれない。

カラスには目を光らせ寄り付かなくなっていただけに実に悔やまれる。
(ちなみに、うちではペットを飼っていない。)

卵を盗まれただけなら、再び卵を産んで子作りするかもしれないという希望ももてるが、巣が丸ごと無くなったのでは、"ウーラ夫妻"も意気消沈し、立ち直れないかもしれない。




こうなれば馬屋の軒下で子育てに励んでいる"馬屋夫妻"に望みを託すのみなのだが、
仕事をしながら特に気にして眺めていたところ、今日は"マヤママ"ともう一羽とで巣を懸けた喧嘩が絶えなかった。

e0087860_22593299.jpg

私の勝手な想像なのだが、
突然愛の巣と我が子を失った"ウーラママ"が、マヤ夫妻の子育てを羨み、イタズラまたは子を奪いにきているのではあるまいか。

はたまた、
ウーラ夫妻はどこかに逐電し、馬屋の軒下で繰り広げられたバトルは、マヤ夫妻による単なる夫婦喧嘩か・・・。


アレもコレも自然の摂理なのかもしれないが、
家族みんなが気にかけているツバメのコッコ、なんとか無事に巣立ってほしいものだ。




~明日の産直
○トマト


★人気Blogランキング★
  ツバメは昔から"益鳥"として大切に扱われてきたんですって!

[PR]
by 新米百姓 by ihatov-farmer | 2007-06-05 22:29 |  …初夏の香り。  TOP▲
| ページトップへ |






XML | ATOM
skin by IHATOV
AX