岩手県の農家です。トマトと米、様々な野菜を作っています。
by FUMI @ IHATOV


【最新の記事はココ NEW ENTRIES】

何気ない日々はFacebookページにて https://www.facebook.com/eeesashi
カテゴリ: …北国の冬。( 32 )
by 新米百姓  TOP▲
こうじでサツマイモの甘酒。
e0087860_1645947.jpg


本をめくっていたら、サツマイモでも甘酒が出来るという記事を見つけました。
最近こうじ(麹)にはまっているので、秋にとれたサツマイモで作ってみました。

こうじは、江刺の岩谷堂の高善さんの生こうじを買い求めてます。
高善商店


甘酒の結果は・・・、
液体にならず。かといってキントンとも違うし。甘さはまあまあです。
うーん。目分量がいけなかったのか?

お菓子とかジャムとか、使い道を探ります。


麹の利活用、やり始めると非常に面白いですよ!
その土地の麹屋さん。 今ならまだ間に合います。 皆さんも深みにはまってみましょう!
[PR]
by 新米百姓 by ihatov-farmer | 2016-12-25 17:00 |  …北国の冬。  TOP▲
新米林業。
e0087860_20543562.jpg


e0087860_20552492.jpg


この年になり、初めてナウシカのワイドコミックを読みました。怖いシーンが夢に出そうな今日この頃。皆さんいかがお過ごしでしょうか。

作業場で暖をとる薪ストーーブ。それと、いつか住居にも薪ストーブを置きたいので、数年先を見越して今から薪を準備すべく、昨年はチェーンソー講習に通いました。

そしてこの冬、縁があった地域の先輩の持ち山にて、実地学習です。

山仕事は、畑と比べ物にならないほど危険と隣り合わせ。映画ウッジョブ(原作、神去なあなあ日常)のなよなよした主人公と自分が重なります。
長澤まさみ演じるヒロインの登場も期待しますが、残念ながら人っ子一人いない山です・・・。
せめて"山の神"に嫌われぬよう心して仕事に取り組みたいと思います。
[PR]
by 新米百姓 by ihatov-farmer | 2016-12-04 21:12 |  …北国の冬。  TOP▲
雪かき。
ただっぴろい岩手県ですから、気候風土も様々です。

今朝の江刺は、トラクターを出動させるほどの積雪。
それから盛岡に行って、わービックリ!道路に雪が無い!
(盛岡は江刺の北方50km)

岩手ではよく知られていますが、内陸主要地域のなかで、西和賀から花巻・北上、からの金ヶ崎・胆沢・水沢・江刺が雪が多いとされています。
ここから南下して前沢や一関、さらには宮城に入ると別世界。雪が少なく南国気分。沿岸ももちろん雪が少ない。
そして不思議なことに、北上して紫波や盛岡に行ってみると、これまた雪が少ないんです。

種明かしは地図を見ればわかるんですが、奥羽山脈の凹地が、「ほっとゆだ」のあたりにありまして、秋田上空を進んできた雪雲が横手あたりで寄せて上げられ、和賀山塊や夏油にぶちあたってドカドカ降らせて、そのおこぼれが県南地域に降ってくるんですな。

これ書きながら思うんですが、北国の人間って、3人集まると自分の地域がどれだけ厳しいかを競いあう傾向がありますな。
やれマイナス○℃だった、とか、やれ今朝はウン十センチ積もったじぇ、とか。
このささやかな強がりは、厳しい自然を相手に暮らす人々の知恵なんだろうなー、と思うわけです。

だって、スイスの人たちも冬になると同じようなこと話するっけもん。



e0087860_10134672.jpg

[PR]
by 新米百姓 by ihatov-farmer | 2014-01-23 20:12 |  …北国の冬。  TOP▲
七草の準備。

明日は七草ということで、ばあちゃんと七草の準備をしました。

「どうぞのとらが えながのさとさ わだらぬうぢに
 ななくさはだげー ななくさはだげー」

としょりと暮らしていると、ふとしたときに聞いたことのない言葉や言い伝えが出てきます。その意味を尋ねても、細部までは語っている本人ですら意味がわからない言葉もあったりします。

「どうぞのとらが えなが(家の中)のさとさ わだらぬうぢに(入ってこないうちに)
 ななくさはだげー(七草をはたく=まな板の上で細かく切る) ななくさはだげー」

ここまでは解りました。 どうぞのとらというのは厄神のことらしいけど、なんでこう言うかはばあちゃんも解らないらしい。

さらに面白いのは、ばあちゃんは、ほんの隣の集落から嫁に来たのに、こういう口承が、じいちゃんが覚えているものとは違っていたりするんです。

ちなみに、根雪に覆われる岩手で本来の七草を揃えるのは難しいので、農家はあり合わせの野菜を食べて無病息災を願います。

今年は、僕がよめっこどされながら売れない野菜を蒔いておいたハウスものが大活躍です!

チャービル
フェンネル(スティッキオ)
リアスからし菜 緑・赤
エンダイブ
トレビス
ほうれん草
長ねぎ


e0087860_1837695.jpg


e0087860_18371955.jpg

[PR]
by 新米百姓 by ihatov-farmer | 2014-01-06 18:38 |  …北国の冬。  TOP▲
あんここしぇ。
年越しの準備がはじまっています。

ばあちゃんのつくるあんこもちは格別。
薪ストーブでしたごしらえされるあんこ。

小豆は、水沢に住むおばちゃんの自家製です。

e0087860_17542334.jpg
e0087860_1754393.jpg
e0087860_17544745.jpg
e0087860_17543755.jpg


すばれる冬は、薪ストーブが、こでらんねぇな。
[PR]
by 新米百姓 by ihatov-farmer | 2013-12-24 17:56 |  …北国の冬。  TOP▲
雪が降れば駆け回ります。
戌年ですから。


e0087860_14235869.jpg

やっぱり冬は雪が降らねば!
[PR]
by 新米百姓 by ihatov-farmer | 2013-12-12 14:25 |  …北国の冬。  TOP▲
暖冬。
昨夜から降り続いたのは、雨。

一度や二度ならば「珍しい」で済むが、この冬何度目の雨だろう。
冬を通して暖かすぎる気がする。
田んぼに雪が残らないし、小川も凍らない。

真冬日が少なすぎるし、なんといってもスキー場でパウダースノーを楽しめる日数が少なすぎる。


こういう冬は過ごしやすいのだが、かえって百姓の心配は増えるのだ。
田植どきの春の天気や、夏の水不足や、そしてもっとも怖い冷夏など。

厳しい自然があってこそ、豊かな恵みがもたらされるのだから。
[PR]
by 新米百姓 by ihatov-farmer | 2009-01-31 06:46 |  …北国の冬。  TOP▲
2009賀笑。

挨拶が遅れた無礼は笑ってごまかせ!


明けましておめでとうございます!!


年末年始の暴飲暴食時々スキー、時々トランプ、
などなどがたたり、今年も風邪をひいてしまったが、昨年の轍は踏まないのだ!

即効点滴でほぼ快復。
見事な低気圧が接近中なので明日は夏油高原へパウダートリップ。

2009年も皆様に幸あれ。
[PR]
by 新米百姓 by ihatov-farmer | 2009-01-09 21:12 |  …北国の冬。  TOP▲
看板でございます。   12月20日

e0087860_2036993.jpg


明日は冬至。 そろそろ山篭りの準備。
今年は雪が少ないが、基本スタイルは"冬山夏里"で。


しっかり充電して、
来春には再びカリフラワーやトマトのいいところをお届けでできますよう、
僕自身こころよりお祈りしております。m(_ _)m
[PR]
by 新米百姓 by ihatov-farmer | 2008-12-20 20:40 |  …北国の冬。  TOP▲
ばあちゃんの沢庵漬け。
今年も沢庵を漬ける季節がきた。

その作業をするようになってから既に半世紀をこえているうちの漬物職人・ばあちゃん。

ここ数年、スキースクールへ差し入れすると瞬く間に売り切れるほど人気のタクアン。
たしかに、やめられないとまらない美味しさなのだ。

e0087860_20465231.jpg


美味しい沢庵の"もと"。 [米ぬか・ジョウゲン・塩・砂糖・やさしさ・愛情]
(干し大根は、もちろん自家製)

e0087860_2050573.jpg


ちなみに、米ぬかを混ぜている"木桶"は、
うちのじいちゃんの姉(87歳)の旦那(故人)が作った代物。私の大叔父にあたる人だ。
この桶は、ばあちゃんが嫁にきたときには既にウチにあったとのこと。
(カメラにおさめ忘れたが、漬け樽も大叔父が作った物が現役で活躍している)

とくに"旧家"というわけではないのだが、ウチも結構侮れないなぁ・・・・・。
[PR]
by 新米百姓 by ihatov-farmer | 2008-12-02 20:56 |  …北国の冬。  TOP▲
| ページトップへ |






XML | ATOM
skin by IHATOV
AX