岩手県の農家です。トマトと米、様々な野菜を作っています。
by FUMI @ IHATOV


【最新の記事はココ NEW ENTRIES】

何気ない日々はFacebookページにて https://www.facebook.com/eeesashi
[試験栽培] フルーツトマト  6月20日
江刺ふるさと市場に並ぶ野菜の中で1番人気の商品と言えば、
ヤスオさん(水耕栽培)の"フルーツトマト"だろう。

数量限定とはいえ毎日数十パックを出荷しているようなのに、開店1時間で完売(!?)なんてこともあるようで、普通のトマトにしか触れたことのなかった私は、大いにショックを受けているのである。


ということで、に続き、"フルーツトマト"に挑戦中!!



e0087860_2055760.jpg
品種:フルティカ(中玉トマト)


スキー生活が抜けきらないままトマトの定植時期を向かえ、バタバタして勉強不足のまま品種の選定をしてしまった。
ちなみに、"フルーツトマト"という品種があるということではなく、どのトマトでも栽培の工夫で糖度を上げていければ、"フルーツトマト"になりうるらしい。
(一般的には、糖度8以上を指すとのこと)


畑の都合上、"超老化苗"を植えることとなり生育が心配されたが、外見上はスクスク育ち、約1ヶ月で初収穫となった。
これを期に購入した"糖度計"で、早速糖度を測ってみると、7.8~8.2という値が。
長年、大玉トマトを作ってきたじいちゃんと、手応えをつかむ。(大玉トマトでは糖度4~6.5程度だったので)

しかし、これは糖度の上がりやすい中玉トマトでは当たり前の数値のようで、しかも、ヤスオさんのフルーツトマトとはまだまだ大きな差があるようなのだ。
水耕栽培の先輩とは、根本的に作り方が違ってくるわけだし、ことに"アナログ要素"に頼る野菜作りにおいて、一朝一夕にできるわけがないのだ・・・。

とはいえ、産直に加入した事で新たに見つけた"フルーツトマト"という目標。
トマト作りの大ベテランである"じいちゃん"が健在のうちに、試行錯誤を繰り返しながらも、なんとか技術を確立したいものである。




今年は栽培本数が極小なので、もし産直に出荷できたとしても、週に数パックとなるでしょう。
糖度を上げるべく、毎夜夢にまで見ながら研究中ですが、それでも糖度が確実に8以上にならないようなときは、『ミディトマト』として出荷しようかとも考え中です。

いずれにせよ、今後とも何卒ご贔屓のほどm(_ _)m








~明日の産直
○トマト
このPOPが目印!!




★人気Blogランキング★
  トマトに溺れる夢を・・・・・

[PR]
by 新米百姓 by ihatov-farmer | 2007-06-20 20:56 |  …とまと。  TOP▲
<< スイカ畑。   6月22日 | ページトップへ | 2007巣立ち。   6月19日 >>






XML | ATOM
skin by IHATOV
AX