岩手県の農家です。トマトと米、様々な野菜を作っています。
by FUMI @ IHATOV


【最新の記事はココ NEW ENTRIES】

何気ない日々はFacebookページにて https://www.facebook.com/eeesashi
白谷雲水峡・太鼓岩

2005年12月9日


本日ハ快晴ナリ!
白谷雲水峡から太鼓岩を目指す行程。
前日、森の陽だまり店長若松さんに相談してアドバイスを乞うた。
安房からのバス代や、時間の制約などを考慮して、レンタカーが最適と判断。
若松さんに手配してもらったレンタカーに乗り込み、白谷雲水峡への山道をトコトコ登る。

e0087860_8494330.jpg

白谷雲水峡【屋久島自然休養林(白谷地区)】
 白谷雲水峡は標高800メートル、面積424ヘクタール、ヤクスギなどの原生的な森林を容易に鑑賞できます。 またハイキングなど気軽に訪れる最適の森林レクリェーション地区として昭和49年3月自然休養林に指定されたものです。 宮之浦から12キロ車で30分、宮之浦港から路線バスが走っています。 自然休養林内は弥生杉コース(60分)、楠川歩道コース(1時間40分)、原生林コース(3時間)を鑑賞できます。 楠川歩道の所々の林相を遠望できるところでは、ヤクスギと照葉樹との混生した素晴らしい眺めが味わえ、林内は珍しい地床植物(シダ、コケ類)で緑に覆われており、「もののけ姫」の舞台になった幽玄の世界に引き入れてくれます。 また、入り口近くの林内を流れる白谷川の清流、重なり合った巨岩、切り立った渓谷が身近に味わえ、
特に春先の、川岸のサツキ、サクラツツジの彩りはまさに自然の庭園です。


屋久島トレッキング2日目。


e0087860_13115430.jpg
ガイドが先導する集団を何組か追い越し、静かな深林へと歩を進める。



e0087860_21541966.jpg
今日のお出迎えは"二代大杉" 根張り姿に圧倒された。



e0087860_2293077.jpg
苔むす森で木の葉がヒラリ。



e0087860_2295233.jpg




e0087860_13142963.jpg




e0087860_22101377.jpg
"三本足杉"
『森の不思議』の答えは、人の数だけありそうだ。



e0087860_2213586.jpg




e0087860_18333141.jpg




e0087860_22133014.jpg
世界に名だたる杉ともなると、シルクより極上の衣を身にまとう。



e0087860_22171934.jpg
夜は、あまり出会いたくないこんな倒木も。



e0087860_10235159.jpg




e0087860_13152326.jpg
切り株に身を預け一休み。 屋久島ではこの大きさで、まだまだ"小杉"



e0087860_2230256.jpg




e0087860_102442100.jpg
切り株の中は、母に還る想い。



e0087860_10245654.jpg
深緑のシルエット。



e0087860_10284274.jpg
11:30頃白谷小屋へ到着。 ちょいと早いが昼食休憩。



e0087860_11163877.jpg




e0087860_10293193.jpg
通称"もののけの森"
白谷雲水峡のなかでも、もっとも濃密な苔生した世界。



e0087860_10321957.jpg
気の遠くなるほどの時間の流れを顕わにする太古の森で、
ほんの一瞬、ちっぽけな私が共に過ごす。 素敵な奇跡。



e0087860_10312482.jpg
巨大な切り株は、あの乙事主(おっことぬし)だった。



e0087860_1044301.jpg
もののけの森で、二人の姫と、"もののけおじさん"に出会う。
この"もののけおじさん"は、映画『もののけ姫』の事や屋久島の事で知らない事は無く、
乙事主のことについても、おじさんが教えてくれたのだ。
この白谷雲水峡は散歩コースなんだとか。



e0087860_1117534.jpg




e0087860_1115870.jpg




e0087860_111851100.jpg
こだま(木霊)たちが、森の奥へと誘ってくれる。



e0087860_1122331.jpg
太鼓岩到着!!
目の前に広がる絶景に、文字通り言葉を失う。



e0087860_11222674.jpg
これより先、断崖絶壁。



e0087860_11262163.jpg
雪の冠をのせた一番高い山が宮之浦岳(1935m)
左下へ流れているのが安房川。
宮之浦岳の左手前のこんもりとした山の中に、縄文杉がひっそりと佇む。



e0087860_1152359.jpg
太鼓岩から左手に、昨日登った太忠岳の天柱石を望む。



e0087860_12274545.jpg
もののけの森で出会った姫達も、すぐに到着。
みんな最高の笑顔だ。

「ヘリコプターがホバリングしてるだろ? あれは土埋木を運び出してるんじゃ。」
熱弁するもののけおじさんの傍らで、撮影に励む二人。



e0087860_12392252.jpg
こちらの二人は、昨日同宿だった、北九州の岡田さん(右)と、スリッパ兄さん(左)
偶然にも太鼓岩にて再会。
スリッパ兄さんは、自宅からスリッパで出発。 そのまま太鼓岩まで登ってきたツワモノ。



e0087860_12443427.jpg
二人にとっては、それぞれ初めての"旅"とのこと。
ゆえに、この景色を前に感動も大きい。



e0087860_12484662.jpg
屋久島独り占め!!



e0087860_1249114.jpg
岡田さん&スリッパ兄さんによる、屋久島タイタニック!
はしゃいだって、皆が微笑む太鼓岩。



e0087860_1393128.jpg
比較的天候の落ち着く季節を狙ってきたわけだが、
ここまでお天道様が味方してくれるとは思もわなかった。
とても満ち足りた気分で、鼻歌交じりに下山する。






e0087860_18281946.jpg
帰りに"弥生杉"へ立ち寄った。
樹高:26.1m 胸高周囲:8.1m 樹齢:約3,000年




e0087860_18225811.jpg
何かが現れる予感・・・・・。



e0087860_18231460.jpg
ヤックルの見送り。
(一般的には"ヤクシカ"と呼ぶらしい)




屋久島紀行 目次

[イーハトーブ岩手より、屋久島を目指せ!]
[ヤクスギランド・太忠岳]
[カブ人との出会い]
[白谷雲水峡・太鼓岩]
[縄文杉]



≪この記事を評価する≫



★百姓の最新ランキングはこちら★
  今日も貴方のワンクリックが紀行文連載の励みです!

[PR]
by 新米百姓 by ihatov-farmer | 2005-12-09 17:15 |  …05屋久島紀行  TOP▲
<< 縄文杉 | ページトップへ | 相棒はスーパーカブ! >>






XML | ATOM
skin by IHATOV
AX