岩手県の農家です。トマトと米、様々な野菜を作っています。
by FUMI @ IHATOV


【最新の記事はココ NEW ENTRIES】

何気ない日々はFacebookページにて https://www.facebook.com/eeesashi
稲刈り前の巡回。

e0087860_2217023.jpg

いよいよ稲刈りの季節がやってきた。

畑&田んぼ&産直の見回りに大活躍のホンダスーパーカブにまたがり、点在する田んぼの様子を見てまわる。

今年は実が入ったためか、はたまた葉がおがりすぎたためか、稲が倒れた田が多い。
きっと、たわわに実りすぎて倒れたのよ、つまり今年は豊作なのさ。そう豊作ビンボー。
すでに報道されたが2010年産米の概算金は過去最低でついに1万円を割った・・・。
経費(人件費含む)を差し引きすると、数年前から赤字になってしまっていた稲作。
田んぼを維持するということは単純に稲作の勘定損得だけでははかれない部分が多々あることも事実。
だがそれにしてもこのまま供出米を続けていては危ない。
日本人の食の志向の変化と人口減少(胃袋減少)からの需給バランスを思うに、概算金が下がり続けるのは火を見るより明らか。
いや、実は数年前から気づいていたのだが、稲刈り終了とともに旅に出たり冬はスキー三昧したいがために、気づかぬふりをしていただけなのだ。
しかしさすがに洒落にならない価格に突入してしまった。
これは直販に本腰を入れるしかあるまい。

ふー。ひとまず目の前の稲刈りである。
稲が倒れると、コンバインにかかる負荷も増し、刈り残しがないよう慎重にすすめるため作業時間も増えるのだ。
しかし裏をかえせば、こういう時こそコンバインオペレーターの腕の見せ所でもある!

平日の真昼間っからお気楽にスーパーカブでツーリングしてるように見えて、これでなかなかいろいろ考えているふりをしているのだよ、諸君。
[PR]
by 新米百姓 by ihatov-farmer | 2010-09-22 22:34 | ○江刺金札米。  TOP▲
<< それゆけコンバイン。  10月1日 | ページトップへ | 野遊び倶楽部イーハトーブ >>






XML | ATOM
skin by IHATOV
AX